長野市の名産品

四季折々の姿を見せる、周辺の豊かな自然が時をかけて独特の食文化を育みました。長野ならではの味覚をご当地で、またおみやげとしてもお楽しみください。

おやき

おやき

小麦粉やそば粉を練って薄く伸ばした皮でいろいろな具を包んだ、長野を代表する郷土食。焼いたり蒸したり、地域やお店によって作り方も具の内容も違うので、ぜひ食べ比べてみてください。

おぶっこ

おぶっこ

「おぶっこ」「ぶっこみ」は、長野市周辺で昔から食べられてきた煮込みうどん。幅広の太麺と、大根、じゃがいも、ねぎなど季節の野菜をたっぷり入れて(ぶっこんで)煮込みます。寒い夜は体の芯から温まります。

精進料理

精進料理

善光寺門前の宿坊では、それぞれに工夫を凝らした精進料理を味わうことができます。肉や魚を一切使わず、創意工夫された季節の料理は、見た目にも美しく健康的。

そば

そば

もとは五穀を絶った山岳修験者の携帯食だったそば。夏でも霧が発生する冷涼な気候下で育つ「霧下そば」の味は、江戸時代に全国的に評判となりました。戸隠はもちろん、善光寺界隈、長野市内各地で名店がそれぞれの味を競い合っています。

きのこ

きのこ

エノキタケ、なめこ、ブナシメジ…生産量日本一を誇る信州は、まさにきのこ王国。低力口リーな健康食品きのこは、信州人の健康・長寿の秘密といえるかもしれません。

山菜

山菜

芽吹きの春、周囲を山に囲まれた長野市は山菜天国となります。ふきのとう、タラの芽、こしあぶらなど人気の山菜に、根曲がり竹の筍など、各所で長野の春の香りがあふれます。

ジンギスカン

ジンギスカン

信州新町はジンギスカンの町。フルーツやスパイスなどを使った自家製だれに漬け込んだ味わい深い羊肉を、それぞれの店の味で楽しめます。

長いも

長いも

古くから滋養強壮の食材として利用されてきた長いも。千曲川流域の肥沃な砂地で育つ特産の長いもは、きめが細かくみずみずしいので、そのままでも「とろろ」でもおいしくいただけます。

ぶどう

ぶどう

人気の巨峰に加え、近年は種なしのナガノパープルなど特産の新品種が登場し、新たな注目を集めています。

りんご

りんご

朝晩の気温差が大きい長野市では、果物がおいしく育ちます。太陽の恵みをたっぷり受けた赤い実は、季節によって種類が異なり、味わいも違います。