公益財団法人 ながの観光コンベンションビューロー

  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L
長野観光 INFORMATION

善光寺

約1400年の歴史を持つ善光寺。宗派を問わず、すべての人が極楽往生を願ってお参りできる寺として、広く信仰を集めてきました。 本堂は、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。間口約24m、奥行約54mの堂々たる姿で、日本の木造文化財の中でも最大級の規模を誇ります。 御本尊である「一光三尊阿弥陀如来」は552年、仏教伝来時に日本へ渡った日本最古の仏像と言われています。秘仏のため目にすることはできませんが、数え年で7年に1度の御開帳の際には、御本尊とまったく同じ姿をした「前立本尊」を拝むことができます。 趣ある参道の街並みも善光寺の魅力です。仁王門より先には、美しい石畳の仲見世通りが続きます。飲食店や土産店、仏具店などが軒を連ね、多くの参拝者で賑わっています。
古くから門前町として栄えてきた長野の街では今、土蔵など古い建物を改修し店舗として再利用するなど、門前らしい街並みの整備が進められています。 善光寺に近い中央通り沿いには、歴史情緒漂う建物や明治・大正時代の洋風建築が建ち並び、味わい深い景観をつくり出しています。善光寺参りとともに、風情あふれる長野の街をお楽しみください。
お戒壇巡り
お戒壇巡り 写真
本堂の床下の真っ暗な回廊を手探りで巡ります。中程にかかる「極楽の錠前」に触れることで、真上に安置されているご本尊との結縁ができ、極楽往生が約束されると伝えられています。

善光寺表参道 善光寺七福神めぐり

色紙 写真
長野駅から善光寺までの表参道とその周辺に祀られている七福神をめぐる「善光寺七福神巡り」。寺社をめぐりながら、約2.5kmの門前町歩きを楽しめます。 専用の色紙(800円)を購入して、七福神のご朱印(100円 ※善光寺のみ200円)を集めるのも楽しみ。七つの福を手に入れれば、善光寺の旅がさらにご利益に満ちたものになるでしょう。
一番 寿老人/西光寺
寿老人/西光寺 写真
長野駅から一番近い霊場。寿老人は長寿を象徴した神で、長寿、財運、子孫長久のご利益があります。
二番 大黒天/大国主神社
大黒天/大国主神社 写真
三宝を守り、戦闘をつかさどったインドの神。日本では農産と福徳の神として民間の信仰の対象となってきました。
三番 福禄寿/秋葉神社
福禄寿/秋葉神社 写真
南極星の象徴・泰山真君を人格化した、福と高禄(財運)と長寿の三徳をつかさどる神。
四番 弁財天/往生院
弁財天/往生院 写真
音楽をつかさどり、学問と伎芸、雄弁と知恵を授けます。
五番 布袋/ THE FUJIYA GOHONJIN(旧藤屋御本陳)
布袋/ THE FUJIYA GOHONJIN(旧藤屋御本陳) 写真
弥勤菩薩の化身ともいわれる古代中国の禅僧契此で、世俗を捨て去ったお姿で人々を助けます。
六番 恵比寿/西宮神社
恵比寿/西宮神社 写真
商売繁盛・家内安全・五穀豊穣・除災開運など広大な御神徳を称えられる神様。 毎年11月には神社の例祭が行われます。
七番 毘沙門天/善光寺世尊院釈迦堂
毘沙門天/善光寺世尊院釈迦 写真
仏の世界の北方を守る守護神の一人。左手に捧げる宝塔は仏様への帰依を、右手にかざす戟杖は法の守り手としての清らかな行いを表しています。

松代

松代城跡(海津城)
松代城跡(海津城) 写真
戦国時代に武田信玄によって築城されたといわれる松代城。 江戸時代は真田氏が城主となり、10代にわたって10万石の城下町を形成しました。 現在は石垣をはじめ、太鼓門や木橋、堀などが江戸時代に限りなく近い形で復元されています。 春には桜の名所として賑わいます。
松代藩文武学校
松代藩文武学校 写真
文武を奨励した8代藩主真田幸貫が計画し、9代幸教の時代に完成。学問と武道の学び舎として安政2(1855)年に開校した松代藩の藩校です。教室にあたる文学所、武術を学ぶ剣術所、柔術所、弓術所などがあります。
真田邸
真田邸 写真
松代藩9代藩主幸教が母の隠居所として建設。武家屋敷の面影を当時のまま残す建物は、日本庭園との調和も見事です。

戸隠

戸隠神社 奥社
戸隠神社 奥社 写真
戸隠山への山岳信仰に行者が集まるようになったのははるか昔のこと。平安時代には霊場として都にまで知られていたそうです。奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなり、 参道の両側には樹齢400年を超える杉の巨木が立ち並びます。神秘的な空間は、パワースポットとしても人気を集めています。
戸隠森林植物園
戸隠森林植物園 写真
約71ヘクタールにもおよぶ緑豊かな自然植物園。ミズバショウやカタクリなどさまざまな植物が自生し、整備された遊歩道を歩きながら自然観察が楽しめます。
鏡池
真田邸 写真
その名の通り、戸隠連峰の四季それぞれの表情を鏡のように水面に映し出します。特に紅葉の時期は見事な美しさ。時間帯は風のない早朝がおすすめです。

その他の地域

飯綱高原(飯綱)
飯綱高原 写真
だいだらぼっち伝説の残る池を中心に、登山やキャンプ、アスレチック、スキーなど四季を通じてさまざまなレジャーが楽しめます。
奥裾花自然園(鬼無里)
奥裾花自然園 写真
裾花川の源流部に広がる自然探勝公園。日本一といわれる81万株もの水芭蕉が可憐な花を咲かせます。秋には一帯が見事な紅葉に彩られます。
茶臼山自然植物園(篠ノ井)
茶臼山自然植物園 写真
県内屈指の広さを誇る自然公園。隣接する茶臼山動物園や恐竜公園も人気です。山腹から善光寺平が一望できる、絶景スポットです。
久米路峡(信州新町)
長野県歌「信濃の国」にも唄われている名勝地。そそり立つ岩山の樹々がろうかく湖の水面に映り、季節ごとに美しさを変化させます。信州新町から遊覧船も出ています。
芦ノ尻道祖神(大岡)
芦ノ尻道祖神 写真
長野五輪開会式で世界中に披露された、ユニークで迫力のある道祖神。正月のしめ縄で作られ、地域の豊作や無病息災を祈っています。
虫倉山(中条)
虫倉山 写真
信州百名山の一つ。初心者から上級者まで人気のある里山です。頂上からは北アルプスの雄大な山々が見渡せます。
八幡原史跡公園(川中島)
八幡原史跡公園 写真
川中島の戦いの舞台となった地が、現在は緑豊かな史跡公園として整備されています。信玄・謙信一騎討ちの像をはじめ、合戦を物語る史跡が残ります。
信玄・謙信一騎討ちの像 写真